データ入力とは?

データ入力とは、文字通り、パソコンを使ってデータを打ち込むというお仕事です。

企業のデータなどをエクセルやワードにタイピング入力をする仕事です。

お仕事形態は2つあって、外に勤めに行く場合と、自宅でする場合とがあります。

 

時給報酬は2つともそんなに変わりませんが、

祖とに勤めに行く場合は時給制で、自宅でする場合は歩合制というのが多いです。

外で勤めたい場合は、バイトの求人誌やバイトサイトなどでデータ入力のお仕事を探して応募します。

時給は900円~1200円というのが相場で、そんなに悪くないかと思います。

自宅で勤めたい場合はクラウドソーシング(募集型在宅ワーク)のサイトで応募をしましょう。

自宅で働きたい、歩合制でどんどんと作業をしたいという方はこちらがおススメです。

 

データ入力のメリットとは?

・人と絡まなくていい

営業をしたり接客をしたり、人と話をするのが苦手と言う方にはおススメなお仕事であると言えるでしょう。

データ入力のお仕事は自宅で働く場合はもちろんのこと、外に働きに行く場合でも、

作業をしている環境が違うだけで、やる事はひたすらデータをパソコンに入力をするということだけです。

なので、人と絡むことなく、お仕事が完結します。

自分で黙々と作業するのが得意と言う方には、良いお仕事であると思います。

 

・タイピング能力が身に着く

これはメリットとなるでしょう。これからはネット社会となっていくわけですから、

タイピング能力があると、損をするという事はまずないです。

データ入力では、何かを考えるという事がなく、ひたすら、

与えられたデータをパソコンに入力していきます。

なので、一週間もやっていると嫌でもタイピングのスピードは速くなるでしょう。

 

・自宅でも仕事ができる

データ入力は外に働きに行く場合も有れば、在宅でできる場合もあります。

これはクラウドソーシング(募集型在宅ワーク)と同じです。

つまりはパソコンさえあれば、どこにいてもお仕事ができるというわけですから、何も自宅に限らずとも、

公園のベンチや、旅行中などでも、お仕事をしたいという時にパソコンがあればできます。

これはメリットであると言えるでしょう。

 

データ入力のデメリットとは?

・ひたすらデータを入力するので、疲労感が強い

データ入力は何も考えずに、ただただデータをパソコンに入力をするという機械的な動作になるので、

疲労感が非常にたまります。

 

普通のアルバイトであると、体を動かし、

お客さんが来ない時はちょっと休憩したりということができるのですが、

データ入力の場合は相手はお客さんではなくデータであるため、常に仕事があります。

1時間集中してタイピングをしているとかなり疲れるでしょう。そのためにも、

時給は普通のアルバイトよりも高めとなっているのかもしれません。

・じっとしているのが嫌いな人には辛い

前述のとおり、データ入力はパソコンの前に座って、

ひたすらデータを入力するというお仕事です。なので集中力が必要です。

集中力がないという方や、動かずにパソコンの前でじっとしているのが苦手という方にとっては

苦痛となるお仕事ですので、辞めておいた方がいいでしょう。

 

・タイピングスピードによって報酬が大きく変わる

外で働く場合はほとんどが時給制なので、

個人によって報酬が変わるという事はないのですが、

 

自宅でクラウドソーシングなどで受注する場合は、

歩合制なので、タイピングスピードが遅い人にとっては、満足に稼ぐ事はできません。

だいたいタイピングスピードが中の上くらいのレベルで時給1000円、

外で働きに行く場合の報酬と同じくらいになります。

タイピングスピードに自信がないという方は外でまず働きに行くのがいいでしょう。

 

データ入力の注意点

特になし

 

ブックメーカー画像