ドロップシッピングとは?

ドロップショッピングとは、見た目は物販業と同じです。

つまり、自分で商品のページを用意して、自分で価格を決めて、

注文があれば、お客様と対応をして、という感じです。

 

ですが、通常の物販業と違う所は、在庫を抱える必要がないということと、

商品発送をする必要はないという事です。

在庫の管理や商品発送は全て業者が行います。

なので、商品を宣伝して、売るというだけでいいのです。

 

これはアフィリエイトとよく似ていますね。

ただ、アフィリエイトとの違いは、自分で報酬価格を決定できるという事です。

 

アフィリエイトの場合は、報酬価格はすでに決まっていますが、

ドロップシッピングの場合は、商品価格を自分で決められるために、

アフィリエイトよりも報酬面では高くなります。

 

ドロップシッピングのメリットとは?

・在庫を抱える必要がない

ドロップシッピングは卸し業者が在庫管理をしているので、

自宅で在庫を抱える必要がありません。

商品が売れれば、卸し業者に売れた商品を連絡すれば、

後は業者がお客さんのもとへ商品を発送してくれます。

販売価格から卸し価格を引いた金額が、自分の報酬となります。

 

・初期費用がほぼ掛からない

在庫を抱える必要がないという事は、

あらかじめ商品を仕入れておく必要がないという事です。

つまり、仕入れ資金などがかかりません。

 

通常の物販であると、販売をする前に、その販売する商品を仕入れる必要があります。

そこでお金が必要となりますが、

ドロップシッピングの場合は仕入れの必要がないので、費用が掛かりません。

 

・アフィリエイトよりも高利益を見込める

アフィリエイトの場合は報酬価格を広告主側が決めているため、

その報酬額は低い価格で設定されています。

しかし、ドロップシッピングの場合は、自分で販売価格を決められるために、

利益は単価あたりの利益はアフィリエイトよりも高くすることができます。

 

・仕入れリサーチの必要がない

ドロップシッピングでは、販売する商品がすでに用意されていて、

後は、その卸し価格に利益を上乗せして販売をする だけなので、

仕入れリサーチをする必要がありません。

仕入れリサーチとは、自分の売りたい商品が安い価格で売っているお店を探して(リサーチ)して、

仕入れをするという事で、通常の物販業ですと、この仕入れリサーチが必要となります。

対して、ドロップシッピングの場合は仕入れリサーチが無いため、その分、時間に余裕ができます。

ドロップシッピングのデメリットとは?

・価格が高いのでなかなか売れにくい

ドロップシッピングの場合、卸し価格に利益を上乗せするため、

商品価格が高くなりがちです。

そのため、その商品を販売するネットショップに

価格負けしてしまうという可能性が高くなります。

 

・扱える商品が限られている

ドロップシッピングでは、扱える商品が卸し業者にある商品のみとなっているため、

当然、扱える商品にも限りがあります。

通常の物販業ですと、色々な所から多くの種類の商品を仕入れる事ができますので、

その分、売れやすくなります。

そこが、ドロップシッピングのデメリットと言えるでしょう。

 

・返品になった場合、負債になる可能性がある

一部の卸し業者ですと、お客さんが商品を返品した場合に、

その返金額が自己負担となる場合があります。

この場合、負債となることがあります。

 

ドロップシッピングの注意点

・ある程度の責任感を伴う

ドロップシッピングは在庫を抱える必要もなく、

初期費用も必要がないが、アフィリエイトよりも報酬が良いと、条件の良いビジネスであるように見えます。

しかし、アフィリエイトと対して、お客様対応をしないといけない、

返品されたら、きちんと対応をして最悪、自己負担で返金しないといけない。

 

クレーム対応にきちんと対応しないといけないなどの、

物販業と同じような責任感が必要となります。

なので、生半可な気持ちではできないビジネスであると言えるでしょう。

 

ブックメーカー画像