FXとは?

FXとは、「外国為替証拠金取引」の略称のことであり、

日本円とドル円など異なった2つの通貨を売買する取引になります。

例えば、わかりやすく米ドルで例えると、1ドル100円の時は、

1000ドル=10万円となり、1ドル120円の時は1000ドル=12万円になります。

つまり、1ドル100円の時に10万円でドルを買っておいて、

1ドル120円になった時にドルを売って日本円に戻せば2万円の利益。

 

逆に1ドル100円の時にドルを円に変えておいて、

1ドル120円になった時に円をドルに戻した場合、2万円の損失となります。

このように、上がるか下がるかを予想して、

2国間の通貨を取引することで、利益を得るのがFXです。

(私も実践し、多くの利益をだすことができています)

 

FXのメリットとは?

・投入金額よりも多くの額を扱える

FXのメリットとしては、投入金額よりも多くの額でトレードができるという事です。

これをレバレッジといいます。

日本のFX会社だと、だいたい20倍のレバレッジがつきます。

つまり、投入金額が10万円だった場合は、20倍の200万円でトレードができるという事です。

投資資金が20倍になれば、勝った時に得られる利益も20倍になります。

なので、少ない資金ではじめても、多くの利益を得ることができるのです。

 

・24時間トレードが可能

FXは24時間トレードが可能です。

24時間いつでもトレードができるため、チャンスがたくさんあります。

ただ、トレードができるのは平日のみです。土日は稼働していません。

 

・少額からでも可能

これは先程のレバレッジがFXにはあるためです。

だいたい1万円もあればFXをはじめることができます。

 

FX2

FXのデメリットとは?

・投入金額以上に負債になる場合がある

FXでは、投入金額以上に負債を抱えることがあります。

これはレバレッジがある事が原因です。

レバレッジはメリットにもなりますが、デメリットになります。

先程書いたように、レバレッジが20倍の場合、

勝てば利益も20倍になります。しかし、負ければ、これも負債が20倍になります。

なので、大きく負けてしまうと、投入金額以上の負債になってしまうかもしれないです。

 

ただ、これは「損切り」をするなどのリスク管理することで避けることができます。

「損切り」とは、負けがこれ以上大きくならないように途中でトレードを止めるということです。

これをする事で、投入金額以上に負債になるということはほぼなくなります。

最近では、FX会社によっては、自動で損切りをしてくれる所もあります。

つまり、そういうFX会社を使えば、

投入金額以上に負債になるという心配もなくトレードをすることが可能となります。

 

FXの注意点

・利益ばかりを追求しない方がいい

FXでは、リスク管理がとても重要になります。

このリスク管理ができない事が原因で気づいたら大金を負けていたという人も多くいます。

リスク管理とは、負けを最小限に抑えるという事です。

 

負けている時に、もう少しで元に戻るだろうと欲張って、

結局戻らずにさらに負債が大きくなるというのが、リスク管理ができていない例です。

欲を出さずに適切に損切りをしてリスク管理をする事が重要となります。

勝っている時も、急に相場が大きく変動して、一気に負けに転じる場合もありますので、

ある程度の所で勝ち逃げをすると、自分の中でルールを作っておくと安定したトレードになります。

 

・FX会社の中には詐欺的な会社もある

これはバイナリーオプションにも当てはまるのですが、

一部のFX会社は悪徳なことがあります。

具体的には、トレードで勝っても出金ができなかったり、

問い合わせをしても、まったく返信が返ってこなかったり、そういう会社もあります。

特に海外の会社の場合に多いので、FXをはじめる場合は、

まずネットの口コミなども参考にして、安全な会社で講座を開設することが重要です。

 

「FX」おすすめツール

勝利の黄金シグナル

・90日間回数無制限のメールサポート

・全10回のリアルトレード動画

 

購入特典の詳細はこちら

 

ブックメーカー画像