あれももこれも節約しなくてはと思うと、気がめいります。

節約とは楽しむものです。

私もお金がないころは、家族で節約を楽しんでいました。

ガス代は光熱費の中でもかなりの割合を占めますが、

少しの努力で減らすことができます。必ず効果が出るガス代を減らすコツをぜひお試し下さい。

NAT56_amiyakieihire_TP_V

・ガス代を減らす簡単な方法

 

1.ガスコンロで湯を沸かすときは、水から沸かすよりガス給湯器のお湯から沸かす方が、

ガス代の節約になります。

 

2.ガスコンロで湯を沸かすときは、水から沸かすよりガス給湯器のお湯から沸かす方が、

ガス代の節約になります。

 

3.なべに火をかける際はなべ底の水分をきれいにふき取っておくと、ガスの消費を抑えることができます。

 

4.なべは、熱効率の良いものを選ぶようにします。なべ底は広いものを用いると効率よく熱を使うことができます。

圧力なべや土鍋を使って調理すると、ガスの使用量が減ります。

 

5.ガスコンロを使うときは、同じバーナーを連続して使うようにします。

ガスコンロには通常2~3個のバーナーが設置されていますが、

冷たいバーナーを温めるのには熱量が必要なので、温まったバーナー1個を継続して使う方が熱量の節約になります。

 

6.鍋で煮炊きするときは、落し蓋を使うようにすれば熱の伝わりが良くなり、早く煮えて味が良く染み込みます。

 

7.シチューなどの保温に、古セーターなどでなべ用の保温カバーを作っておくと冷めにくく便利です。

 

8.お風呂に続けて入らない場合は、保温シートを湯面に浮かべておくとお湯が冷めにくくなり、

再給湯や追い炊きのためのガス代を少なくすることができます。

 

9.追い焚きや再給湯を減らすために、家族がいる場合は続けて入るようにしましょう。

また、シャワー時間を少し短縮するだけで、水とガス代の節約になります。

 

10.ガス給湯器の新しい型では排気中の熱を利用するタイプも出ていて、10%以上もガス消費量が抑えられます。

無題2

*1ヵ月のガス料金の平均的な目安としては、一人世帯で3,300円、二人世帯で5,100円、

四人世帯で6,200円くらいです。(都市ガスとプロパンガスによって値段が違います)

 

毎日シャワーですませている人は、お風呂にするだけでガス代を減らすことができます。

シャワーを15分出し続けると、浴槽一杯分の量と同じお湯を使うことになります。

入浴することはガス代や水道代の節約になるだけでなく、

ぬるめのお湯に長めにつかると心の疲れが取れ、熱めのお湯に短時間つかると体の疲れが取れると言われています。

その日の疲れ方によって、お湯の温度を変えて入浴すると良いでしょう。

 

ブックメーカー画像