国が設けている保険を社会保険と言います。

病気になった時の健康保険や老後の介護保険、年金などが社会保険です。

 

民間の生命保険には、

もしもの時に遺族が生活費や教育費に困らないようにと言った死亡保障が目的のものや、

老後の生活や介護費用を目的としたもの、入院や手術など医療費を目的としたものなどがあります。

 

3d726a89b8c25ffd9950bedc47356813_m[1]

・貯蓄性がある保険とは

貯蓄もできて保証も受けられる貯蓄性のある保険は、

すぐに貯蓄を下ろしてしまいがちな人にはおすすめです。

貯蓄性のある保険の代表としては、学資保険があります。

学資保険のメリットは、契約者である親が障害を負ったり死亡した場合にも、

子どもの入学時や満期時にお金が受け取れます。

 

基本的に、学資保険の契約者が万が一死亡した場合は、

それ以降の保険料が免除されることになっています。

 

・保険の種類

・養老保険は、契約者が途中で死亡した場合は死亡保険が、

満期まで払い続ければ満期保険が受けられます。

養老保険は死亡保障を確保しながら貯蓄にもなります。

 

・個人年金保険は、自分で老後の年金額や受け取り時期を決められます。

公的年金を受け取るまでのつなぎ年金として、利用されることが多いようです。

 

・終身保険は一生涯保証が続きます。同じ死亡保障額なら養老保険よりも保険料は割安といえます。

 

・積み立て型保険と掛け捨て型保険について

・積み立て型保険で貯蓄も保証も得ようと思うと、保険料が高くなってしまいます。

その上、途中で解約すると払い込んだ分が戻ってこない可能性もあります。

 

・掛け捨て型保険は払った分は戻ってきませんが、

少ない保険料で大きな保険料を契約したその日から得ることができます。

高額の掛け金は無理という人も、万が一のために保証が必要です。

そのような人には掛け捨て型保険がおすすめです。

 

老後

・ライフステージに合わせて保険の見直しが必要です。

保険を見直すタイミングは、結婚したときや子供が生まれた時などです。

万が一遺された家族が困らないように、生活費や教育費を考慮して保証額を増やす必要があります。

子供の成長とともに必要な補償額は減っていきます。

シンプルで短めの定期保険などもあるので検討してみる価値があるでしょう。

 

また、リタイア後は大きな保障よりもすぐに使える貯蓄が頼りになります。

子どもの独立後は、保証額が多ければ多いほど良いというわけでもありません。

老後は、保険料の分を日々の楽しみに使うことも大事です。

 

保険は、たすけあいの精神から生まれたと言われています。

多くの人がお金を出し合って貯めておき、

困った人にそのお金を使ってもらうという仕組みです。

 

私たちは人生における様々なリスクに備えて保険に加入しますが、保険も貯蓄のひとつと言えます。

学資保険などはまさしく貯蓄型の保険ですが、

掛け捨て保険も安心を得るという意味では心の貯蓄と言えるでしょう。

 

ブックメーカー画像