株投資とは?

まず、株とは、株式会社が事業資金を調達するために発行するもので、

投資家に株を買ってもらい、その資金によって事業を起こしていきます。

株を企業から買うことで、投資家はどうやって儲けるのか?ですが、これは主に2種類あります。

1つは企業から配当金を受け取るということです。

 

これは企業から投資家に対して年に1,2回支払われるもので、

企業の儲けの数パーセントを株保有者に配当します。

 

もう1つが株を転売するということです。この方法が一般に言われる株式投資であります。

要するには、株価が安い時に買って、株価が高い時に売るということです。この差額が利益となるということです。

他にも、株を持つと株主優待と言って、

その企業のサービスを無料か格安で受けられる権利をもらえるなどの仕組みもあります。

 

株投資のメリットとは?

・得られる利益が多様である

株式投資が他の投資と大きく違う所は、得られる利益の種類が多いという事です。

株式投資で得られる利益は、配当金、転売による利益、株主優待による利益があります。

つまり、利益を得られるチャンスは3通りあるという事です。

 

FX投資やバイナリーオプションであると、

次の時間に通過価格が上がるか下がるかを予想して、予想が的中すれば儲けが出るという1つですよね。

対して、株式投資の場合は3つもあるというのが、メリットと言えます。

 

・経済の流れに詳しくなる

株式投資をやっていく中で、世界情勢についてや、

日本経済の流れについて情報を得るためにニュースや新聞を読んだり、

各企業が販売する商品を見て、今の流行を汲み取ったりと、

自然と経済の流れに精通するようになります。

 

そうなると、今まで興味がなかった分野にも関心を持つようになったり、

そういう日本経済の難しい話にも入っていけるようになったりして、世界観が開けます。

つまり、自己成長ができるというのも株式投資のメリットであるでしょう。

 

・不労所得収入にできる

株式投資は不労所得にする事ができます。

というのも、株式投資には配当金という利益があるためです。

配当金は年に1回か2回もらえるのですが、

これは株を持っていて、その企業が倒産しない限り、ずっともらえます。

なので、株を持っていさえすれば、不労所得として、

年に1,2回お金をもらえるという事です。

 

株投資のデメリットとは?

・初期費用が他の投資と比べて高い

株式投資を始めるには初期費用として最低5万円は用意しないと買えません。

何故かというと、株は1株単位では販売してくれないからです。

10株や100株での単位でしか売ってくれないので、ある程度の資金が必要となります。

FXやバイナリーオプションであると、

1万円あれば始められるのですが、株式投資はそこがデメリットとなるでしょう。

 

・会社が倒産すれば株はただの紙切れとなる

株をたくさん持っていたとしても、

その企業が倒産してしまえば、その株はただの紙切れとなり、何の価値もなくなります。

これはデメリットであると言えるでしょう。

ただし、上場企業の株を買っていれば、そうそう倒産する事もありませんでしょうから、

ここのデメリットに関してはかろうじて回避できるものとなっています。

 

株投資の注意点

株式投資では、一度に大金を投資することとなります。

なので、負けた際にはその分、負債額も大きくなるという事です。

つまり、他の投資にも当てはまることですが、

余剰資金で行うべきです。余剰資金なら、仮に負けたとしても、被害は少ないです。

 

生活費を全部、株式投資に賭けてしまうなんて事をしてしまうと、

負けた時に最悪借金になることもあるので、要注意です。

特に、株式投資での信用取引は大きなリスクを伴うので、

初心者の方は、信用取引はするべきではありません。

 

ブックメーカー画像