副業をしている人が気にしている悩みの1つに

「会社にばれないように副業をしたい」ということが挙げられます。

 

この理由は人それぞれで、会社に禁止されているけどばれないなら副業をしたいと思っている人と、

会社は副業をしてもいい環境だけれども、

単純に自分がどんな副業をしているかあまり知られたくないと思っている人が多い様です。

 

その気持ちはわかります。私もそうでした(笑)

 

そこで今回は、副業が会社にばれてしまう可能性と、

副業が会社にばれない様に確定申告をするコツについて説明いたします。

freee151108088447_TP_V

・副業が会社にばれる理由

そもそも、副業が会社にばれる可能性は一体どの様なものなのでしょうか?

 

①住民税の請求でばれる

住民税は、原則的に、特別徴収という方法により税金が徴収されます。

特別徴収とは、会社が従業員ごとの住民税を一括して納付する方法です。

 

会社には市区町村から従業員ごとの住民税額の通知が来ます。

この通知を元に、会社は支払う給与から住民税を差し引いて従業員に支払っているのです。

その通知書に記載されている住民税計算の基礎となった金額が、

会社が支払っている給与の額と違っていれば、

経理担当者が「この従業員は給料の他にも収入があるぞ」と気が付くわけです。

 

例えば税務署が「おたくの従業員さん、副業をやっていますよ」と直接伝えてくるわけではありませんので、

極論を言えば、会社の担当者が気付かなければ副業がばれることはありません。

 

それでは、どうすれば会社に見つからず副業収入の確定申告をすればいいのか?

については後述します。

 

②噂や口頭、目視でばれる

上記①にさえ気をつけておけばよいかと言えばそうではありません。

①はどちらかと言えば形式的な話で、②は実質的な話です。

 

副業が会社にばれてしまった人の中には、

ふとした時に会社の耳に入ってしまったというケースが多々あります。

例えば、会社に内緒で副業としてコンビニバイトをしていたら職員がお客さんとして来てしまった、

飲み屋で酔った勢いで副業について話していたら近くに上司がいた、

副業が上手くいっていたので知人に自慢していたら妬みから

副業をばらされてしまった等といったケースがあります。

 

また、税務署に確定申告をしに行った時に、

会社の経理担当者とばったり遭遇してしまったというケースもあります。

会社の担当者は、様々な用事で税務署を訪れる機会があります。

 

そのタイミングで自分が確定申告をしていることがばれたら、

「あの人副業をしているのでは?」と疑いをかけられ、

結果として会社に副業がばれてしまうケースも稀ではありまえん。

BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V

 

・会社に見つからず副業の確定申告をする方法

上記②の対処方法は気をつけるしかありません。ばったり合わないように、

勤務先で使用されている自動車のナンバーぐらいは覚えておいた方がいいかもしれません。

 

上記①については対策があります。

それは、副業の確定申告を特別徴収ではなく普通徴収にするということです。

具体的に示すと、確定申告書の第二表にある「住民税・事業税に関する事項」欄の

「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」の項目を

「自分で納付(普通徴収)」に丸を付けて書類を提出すれば完了です。

 

これにより、特別徴収(会社にばれる徴収方法)ではなく

普通徴収(自分で住民税を納付する方法)が可能になるため、

住民税額から副業がばれてしまうというケースを避けることができます。

 

・普通徴収の注意点

普通徴収による確定申告書の提出で、

副業が会社にばれる可能性は大幅に軽減できますが、100%ではありません。

なぜなら市区町村側がミスをする可能性があるからです。

普通徴収をしてもらうはずが間違って特別徴収扱いになっていれば、

当然会社に通知が行ってしまいます。

 

これを避けるためにも、確定申告を行う際は確実に

普通徴収を行ってもらう様に念を押しておく必要があります。

 

以上の点に気を付けて、

「副業」「確定申告」をやっていきましょう。

 

ブックメーカー画像

関連記事はこちら