森田さんは無口とは

無口な女子高生森田さんとそのお友達がワイワイと楽しく高校生活を送っていく話です。

人より考え込んでしまうため、言葉にすることができず無口になってしまう森田さん。

孤立してしまうかと思いきや、彼女の周りには友達がたくさんいます。

 

教師からの信頼もあり、男子からも人気です。

別段ものすごい美人というわけではありません。

彼女の行動は人を寄せ付ける何かを持っているのです。

 

交渉の前に相手を自分に寄せ付ける

何かを交渉するとき、興味がない相手や心を開いていない相手からだと警戒してしまいます。

突然もうけ話をされたら疑問を感じますよね。それと同じです。

そのためには自分に注目を集めればいいのです。

少しでも注目されれば話を聞いてもらえます。

そこから興味を引いていけば交渉はうまくいきます。

 

目立つ存在になる

目立つ存在というのはその場にそぐわない異端なものです。

その場の誰とも違えば注目を浴びます。この時の注目の浴び方が大事です。

例えば静かな雰囲気の中騒いでいる人間がいたら雰囲気を壊す人間だと思われてしまいます。

では、逆に盛り上がっている場面で静かな人がいたらどう映るでしょうか。

 

ノリの悪い人、と最初は映りますがだんだんその場の雰囲気に流されない人のように映ります。

周りとは異端な存在です。この状態から話し始めれば先入観もあり有利に話を進めることができます。

 

セールスなどでよく使われるのですが、

騒がしいセールスを何人か送った後は必ず静かなセールスを送るのです。

実際高校のうるさい環境の中、森田さんは非常に静かで目立った存在でした。

 

笑顔はたまに

常に笑顔で話されると不気味です。何かあやしいことを企んでいるのではないかと思います。

しかし、終始笑顔がないと怖くて無愛想な人に移ります。これを利用すればいいのです。

あまり笑わない人が自分の話で笑ってくれたらうれしくなります。

 

無意識のうちに笑顔を求めてしまいます。あまり笑わず、

自分にとってうれしい内容で飛び切りの笑顔を見せましょう。森田さんは普段静かですが、

手伝ってもらった後などは必ず笑顔を見せます。思わずまた手伝いたくなります。

 

戦略的な交渉術の漫画

のんびりとした女子高生を描いているように見えて、

交渉に役立つ情報が満載な漫画です。

ぜひ一度目を通してみてください。

 

ブックメーカー画像