無料オファーアフィリエイトとは?

無料オファーアフィリエイトとは、別名オプトインアフィリエイトともいい、

無料の案件をブログやSNS、自身が持つメルマガなどで流して、

それを見て、読者がメールアドレスを登録してくれた場合に報酬が発生します。

案件の種類は主に稼ぐ系が多いです。稼ぐ系のほかには、恋愛のノウハウなどがあります。

 

メールアドレスを登録するだけで報酬がもらえるのはなぜかというと、

クライアント側はメールアドレスをゲットして、そのメールアドレスに対して、

商品の売り込みメールを流していくわけです。

 

そして、最終的に商品が購入されると、利益となるわけです。その商品単価が平均で30万円くらいと、

非常に高価となっているために、一件辺りのアフィリエイト報酬として、

600円~2000円と高単価を支払うことが可能になるというわけです。

 

一案件の性か報酬は500円~2000円くらいとなっています。

無料の案件を登録してもらうだけなので、難易度が低いわりに、報酬単価が高いので、

人気のアフィリエイト分野となっています。

 

無料オファーアフィリエイトのメリットとは?

・無料でできる

アフィリエイトでも同じことが言えるのですが、まず無料でできることがメリットとなるでしょう。

メルマガで無料オファーアフィリエイトをする場合は、

メルマガ代として月数千円がかかりますが、それ以外の資金はかかりません。

 

・報酬単価が高い

無料オファーアフィリエイトは前述でも示した通りの理由によって、

報酬単価が通じようのアフィリエイトよりも高いのがメリットです。

 

・通常のアフィリエイトより難易度が低い

通常のアフィリエイトであると、商品を購入してもらわないと報酬にならないのですが、

無料オファーアフィリエイトでは、無料登録をしてくれた時点で報酬が発生するので、

極めて難易度は低いです。

 

無料オファーアフィリエイトのデメリットとは?

・無料でできる

アフィリエイトでも同じことが言えるのですが、まず無料でできることがメリットとなるでしょう。

メルマガで無料オファーアフィリエイトをする場合は、

メルマガ代として月数千円がかかりますが、それ以外の資金はかかりません。

 

・報酬単価が高い

無料オファーアフィリエイトは前述でも示した通りの理由によって、

報酬単価が通じようのアフィリエイトよりも高いのがメリットです。

 

・通常のアフィリエイトより難易度が低い

通常のアフィリエイトであると、商品を購入してもらわないと報酬にならないのですが、

無料オファーアフィリエイトでは、無料登録をしてくれた時点で報酬が発生するので、

極めて難易度は低いです。

 

無料オファーアフィリエイトのデメリットとは?

・案件が期間限定である

無料オファーアフィリエイトは案件が期間限定です。

だいたい1ヶ月前後のものが多いです。

 

通常のアフィリエイトであると、長期間にわたって案件が続くので、

その商品のアフィリエイト記事を書いてしまうとしばらくはいけるのですが、

無料オファーアフィリエイトの場合は案件の期間が短いので、

その案件が期限切れになってしまったら、次の案件のアフィリエイト記事を書かないといけません。

つまりは、不労所得雌雄乳にすることが難しいということです。

 

・ブログやSNS、メルマガの読者に嫌われる

ブログやSNSでアフィリエイトリンクばかりを流していると嫌われるのと

同じように無料オファーアフィリエイトでもリンクばかりを流していると、読者からいい思いをされません。

なので、今までブログを読んでいても、再び訪問されることはなくなったり、

SNSだと、フォロー解除や、友達解除をされる可能性が高くなります。

 

無料オファーアフィリエイトの注意点

・詐欺的な案件も多いので、それを人に紹介するのは倫理的に問題がある

無料オファーアフィリエイトの案件は特に稼ぐ系では詐欺的な内容のものが多いです。

というより、9割がた詐欺的な内容です。

なので、それをわかっていながら、人におススメする記事を書いて登録をしてもらうというのは、

詐欺に加担をしているといいますか、倫理的に問題があると思います。

 

本当に自分がおススメできる案件であるとアフィリエイトしてもいいと思いますが、

何でもかんでもするというのは、ちょっと問題があると思いますし、読者の信頼を一気に落とします。

 

・報酬が支払われないASPも多い

無料オファーアフィリエイトのアフィリエイトセンター(ASP)の中には

アフィリエイトで成約を上げても報酬を支払わないASPもあります。

 

その原因は、無料オファーで、メールアドレスを登録してもらって、

最終的に高額商品を販売するのですが、その販売がうまくいかずに、

アフィリエイト経費を払ってしまうと赤字になるという場合に起こります。

 

その場合、ASPはアフィリエイターの成約を承認にすることで報酬を支払わないようにします。

優良なASPであるとそういうことはないのですが、

マイナーなASPを選ぶと、そういうことが起こり得るので、注意が必要です。

 

ブックメーカー画像