ネットショップとは?

ネットショップとは、ホームページを作ってネット通販をする事です。

販売ホームページを作って、販売する商品を仕入れて、

商品ページを作って、販売をする。商品が売れれば、包装をして発送する。ということですね。

 

ドロップショッピングやアフィリエイトとの違いは、在庫を抱えるということと、

初期費用が掛かるという事です。つまり、赤字になる可能性があります。

そして、最大の違いは、業者などの誰にも関与せずに、1人で経営をしていくという事です。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、

ASPや卸し業者を挟みますが、ネットショップですと、誰も挟みません。全て自分で行う必要があります。

 

ネットショップのメリットとは?

・多数の商品を扱える

ネットショップは扱える商品は無限大です。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、扱える商品は、

その提携業者が扱っている物もののみとなりますが、

ネットショップは、業者と提携せずに個人で運営するため、

どこからでも商品を仕入れる事ができます。

 

・一度軌道に乗れば売上が安定しやすい

ネットショップは一度軌道に乗って、

サイトが上位表示されると、安定した売り上げを上げる事ができます。

それは、リピーター客がつくなどの影響もあります。

リピーターをかくとくすれば、毎月の安定的な収入を確保する事ができます。

そのためにも、扱う商品はなるべく、消耗品の方が回転数が良くなります。

・個人の媒体なので無くなることはない

個人で運営している媒体なので、誰かに消されるという心配がありません。

つまり、やった作業が確実に積み重なっていくという事です。これは個人運営の大きなメリットでしょう。

アフィリエイトやドロップショッピングですと、ASPや卸し業者と契約してビジネスが成り立っています。

 

なので、あちら側から、契約を切られてしまうと、その時点でビジネスはできなくなります。

その他、ASPですと、広告提携が切れたり、

卸し業者ですと、業者が倒産したりした場合もビジネスの継続はできなくなります。

そういう意味で、ネットショップは成功すると、安定して稼ぎ続ける事ができるでしょう。

 

ネットショップのデメリットとは?

・在庫を抱えることになる

ネットショップのデメリットは在庫を抱えないといけないという事です。

仕入れた商品を在庫として保管しておいて、商品が売れた場合に発送します。

もし、商品が売れずに、在庫だけが残った場合は赤字になります。そういうデメリットがあります。

 

・初期費用がかかる

ネットショップをはじめるには、初期費用が掛かります。

まずショップのホームページを立ち上げるのに、いくらかかかります。

そして、商品を仕入れるのに、またお金がかかります。

あまりお金に余裕がないという方は少し厳しいビジネスであると言えるでしょう。

 

・豊富なネット技術がないと厳しい

ネットショップを経営していくには、やはりネット技術が必要となってきます。

まず、ホームページを立ち上げる際に、HTMLやCSSと言った知識が必要となります。

ショップのホームページもデザインの良いもの、使いやすいものにしないと、

お客さんも購入しにくくなるので、デザインや設備の取り入れの知識も必要となるでしょう。

 

人を雇って、ここら辺を全部やってもらうというのもいいかもしれません。ですが、

自分でネットショップをこれから運営していくことになるので、

これらの知識は平均以上にはできるようになっておかないと厳しいでしょう。

 

ネットショップの注意点

・はじめから上手くはいかない

ネットショップでは、ショップホームページを作って、

商品を出品したからといって簡単に売れるようなものではありません。

作り立てのホームページはまだまだ弱い(検索上位表示されない)ので、

ホームページ内のコンテンツ量を増やしたり、

SNSを使ってネットショップの宣伝をしたり、お金に余裕のある方なら、

有料広告を使って宣伝をしたりと、地道な努力が必要です。

 

他にもネットショップはたくさんあるのですから、

自分のネットショップで商品を買いたいと思わせる工夫が必要です。

それは安さであったり、取り扱っている商品の珍しさであったりの要因があります。

すぐに売れるだろうと思って最初に大量に商品を仕入れたりしてしまうと、

売れずに赤字になってしまうかもしれないです。

そこは注意した方がいいでしょう。
ブックメーカー画像

関連記事はこちら