日経225先物取引とは?

日経225先物取引とは、先物取引の一種であり、

取り扱う物が日経225(日経平均株価)であるということである。

先物取引とは文字通り「先の物に対する取引」です。

つまりは、将来にその商品の価格がいくらになるかを予想し、その商品を買うかどうかを決めるということです。

 

例えば、今のその商品の価格が1000円だったとし、

将来に価格が上がると予想し、その商品を現在の価格1000円で将来に買うとします。

そして、将来に予想通り価格が上がり商品価格が1100円になったとします。

すると、100円の利益になるということです。

 

逆に、価格が900円と下がると、100円の損失になります。

日経225先物取引の場合は、その商品が日経225(日経平均株価)であるということになります。

日経平均株価が将来に上がるのか、下がるのかを予想し投資するものが日経225先物取引です。

 

日経225先物取引のメリットとは?

・レバレッジが効くので初期費用は少額で可能

日経225先物取引はFXと同じく、レバレッジを掛けることができます。

レバレッジを掛けるとは、自分の持ち金以上のお金でトレードを出来るという事です。

 

このレバレッジの仕組みがあるため、小資金からでも始められようになっています。

日経225先物取引ではレバレッジが10倍まで掛けられるので、

利益も10倍になるということです。

 

・24時間取引ができる

これもFXと同じで、24時間いつでもトレードをすることが可能です。

ただし、土日は市場がお休みなため、トレードをする事はできません。

24時間いつでもトレードができるため、

忙しい方でも、都合のつく時間にいつでもできるのがメリットと言えるでしょう。

 

・銘柄を選ぶ必要がない

日経225先物取引は株式投資のように銘柄選びをする必要がありません。

株式投資の場合は銘柄選びが難しいのですが、

日経225先物取引は銘柄がすでに「日経225(日経平均株価)」と決まっているため、

他に選択肢がないのです。

 

・株式投資のような倒産のリスクがない

日経225先物取引は株式投資のように特定の企業に投資するというものではないので、

倒産するというリスクがないです。

つまり、一気に投資資金がゼロになるという事はないということです。

 

日経225先物取引のデメリットとは?

・レバレッジが効くため投資金以上にマイナスになる場合がある

レバレッジを掛ける事で、勝った時には、

利益も倍々になるのですが、逆に負けた時も損失は倍々になります。

つまりは、投資金額以上の損失になるという事もあり得るという事です。

これはデメリットであると言えるでしょう。

 

ここはFXと同じです。仮にレバレッジを10倍にして、

投資金額が100万円としましょう。この場合、

レバレッジにより投資金額1000万円で取引できることとなります。

これで負けるとマイナス1000万円となります。これがレバレッジの恐ろしい所です。

ただ、最近はマイナスになる前に強制的に損切りをしてくれるトレード会社もあるので、

リスクは最小に抑えられるようになっています。

 

日経225先物取引の注意点

・資金管理をしっかりとする

上述のように、日経225先物取引ではレバレッジが効くため、

負けた時の損失が大きくなってしまいます。

なので、損切りをしっかりとして、

損失を膨らませないようにする必要があります。

 

損切りが間に合わずに相場が急変してしまうと、

一瞬にして大きな負債を抱えることとなる場合もあります。

そういうリスクを伴っていると理解してやるべきでしょう。

ちなみに、レバレッジの倍率は個人で調節できるので、

自信がない方は、低い倍率に設定しておけば、安心してトレードができるでしょう。
ブックメーカー画像