財布を見ればお金が貯まる人か、貯まらない人かが分かると言います。

何気なく使っている財布を今一度見直して、

「お金の居心地の良い財布環境」を作ってあげましょう。

無題

・お金持ちの財布の特徴とは?

・レシートなどはその日の内に別の場所に移し、余計なものが入っていません。

・お金の向きを揃えて入れ、財布の中身の金額を把握しています。

・いつも清潔な財布を持っています。

・シンプルで使いやすい財布を持っています。

(多機能がついている財布を持つと、必要でないクレジットカードやポイントカード、

割引券などを持ち歩き衝動買いが増えると言われます)

 

・お金の居心地の良い財布とは?

・お札も伸び伸びとしたいので長財布が良いと言われています。

・お札の入れ方は、千円、5千円、1万円と分けて高額の紙幣は奥に入れます。

・小銭とお札は分けて入れます。

・財布はバッグに入れたままにしないで、レシートなどを出してから決まった場所に置くようにします。

できればお財布用の小さいざぶとんなどに乗せておくと良いでしょう。

 

・風水から見る金運を呼ぶ財布の色は?

昔から黄色の財布を持つと金運が上がると言われますが、

あまり鮮やかな黄色はお金を呼び込む力があっても出ていく力もあり、

無駄な浪費を招くとも言われています。

では、どんな色の財布が金運をもたらすのでしょうか。

 

・黄色を選ぶ場合は、黄土色や茶系の黄色にすると着実にお金が貯まると言います。

・黒色にはお金を守る力があると言われています。すでにお金を持っている人が選ぶと、

財産を減らすことなく維持できるようです。

・緑色は仕事運に恵まれ、堅実にお金が貯まると言われています。

・ピンクは他の人からの力で、金運アップが期待されるようです。

 

*赤色はお金を燃やす色と言われ、浪費グセになるそうです。

また、青色も収入のアップにはつながりにくい色とされています。

一見金運がアップしそうなゴールドは、運気のアップダウンが激しい色だそうです。

N112_genkansakideodemukae_TP_V

お金持ちほどお金に対して感謝し、大切に使うと言われます。

常に財布の中をスッキリとさせ、清潔な財布を持つことで金運アップを計りましょう。

 

財布を新調するには春が良いと言われますが、春が張るに通じ、

財布がお金で張ると言う意味から来ています。

逆に秋に財布を新調すると、秋が空くに通じ、財布が空っぽになると言われています。

 

今一つお金が貯まらない人で、長い間くたびれた財布を使い続けているなら、

思い切って春に新しい財布に変えてみると、モチベーションも上がり金運アップにつながるかも知れません。

 

ブックメーカー画像