サラリーマンは給料(収入)=手取り額だから、

「個人事業主や会社とは違って節税なんて関係ないのでは?」なんていませんか?

 

実は、サラリーマンにはサラリーマンなりの節税方法が存在します!

 

私はサラリーマン時代、

ただえさえ少ない給料を減らしたくないと思い

なんとか払う税金を少なくしようと必死で勉強しました。

 

以下に掲げる節税方法を上手に利用し、

使えるお金を増やしていきましょう。

 

 

・給与所得控除、基礎控除

サラリーマンは給与等の収入金額から最低2つの控除額を差し引くことができます。

1つ目は給与所得控除です。

給与等の収入金額に応じて累進的に定められた控除額で、

一定の計算により求めることができます。最低65万円の控除が認められています。

2つ目は基礎控除です。所得税法では全員一律38万円と定められています。

 

・配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除

控除対象配偶者がいる場合には、配偶者控除(配偶者特別控除)、

控除対象扶養親族がいる場合には扶養控除を受けることができます。

 

配偶者(または扶養親族)がいるかどうかの申告は、

会社に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出することで行います。

 

配偶者や扶養親族に関する内容はデリケートな部分でもあり、

会社側は無理をしてまで情報を集めようとしません。

 

申告をしなければ控除が受けられないため、

記入漏れが無い様に書類を提出しましょう。

 

・障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除

障害者控除は、納税者又は控除対象配偶者・扶養親族が障害者の場合に受けることができます。

寡婦(寡夫)控除は、納税者が寡婦(寡夫)に該当する場合に受けることができます。

勤労学生控除は、納税者が勤労学生に該当する場合に受けることができます。

それぞれ最低27万円の控除が受けられるため、該当する場合は必ず受ける様にしましょう。

freee151117071495_TP_V

・生命保険料控除、地震保険料控除

一定の生命保険等に加入していれば生命保険料控除を受けることができます。

上限額は最大で12万円ですので、生命保険等に加入していない方は検討の余地ありと言えるでしょう。

また、地震保険料等を支払っている場合には地震保険料控除を受けることができます。

どちらも控除を受けるためには、保険会社から送られてくる控除証明書が必要です。

 

・社会保険料控除

社会保険料を支払った場合には、その支払った年において受けることができる控除です。

自分の分だけでなく、家族の分を支払っても控除を受けることができるケースがあるため、

控除忘れが無い様にしましょう。

 

・特定支出控除

仕事のためにスーツを買ったり、資格を取得したりした場合等に支払った

金額が一定額を超えれば控除を受けることができます。

念のため、領収書は捨てずに取っておきましょう。

 

・医療費控除

医療費として支払った金額が年間10万円を超えていれば(所得が低い人は10万円以下でも可)、

その超えていた分だけ控除が受けられます。

病院だけでなく、ドラッグストアで購入した医薬品や、

歯医者に支払った治療費等も対象になるので、

家族分を集めたら年間10万円は超えているかもしれませんね。

 

・住宅ローン控除

マイホームを購入する際に住宅ローンを組んでいる人は、

条件を満たせば住宅ローン控除を受けることができます。

この控除を受けるためには、1年目だけ確定申告が必要ですが、

2年目以降は年末調整で手続きが完了します。

 

 

・ふるさと納税

自治体に寄付をした金額の中で自己負担額2,000円を超える部分の寄付金額が還付される制度です。

寄付金の上限は収入等により変わるため気を付けましょう。

 

・株・投信の損失

株式投資等を行っていて最終的に損失が出た場合には、

確定申告をすることで損失を繰り越すことができるので利益が出た年の節税に利用できます。

期限は3年間です。

 

・確定拠出年金(401k)

掛けている間は全額所得控除、受け取る時も税制面で優遇がある制度です。

知っている人だけ得をしている制度でもあります。

 

・事業を行うことによる節税

副業で出た赤字を申告することで、

高所得者は源泉税の還付を受けることができます。

 

もしネット副業で赤字がでるようなことがあるのなら、

申告しちゃいましょう。

(そんなことがないように願っております!)

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V

以上になります。

 

使えるお金を少しでも増やして、

ネット副業に使っていきましょう。

 

そしてお金をさらに増やしていってください。

そんなあなたを応援しております!