試供品(サンプル)モニターとは?

試供品モニターとは主にまだ市場で販売されていない、

企業の新商品をモニターとして、一定期間使用する、

または食品の場合は試食をする事で、

感想をレポートにまとめたり、アンケートに答えたりする仕事です。

 

お仕事方法は自宅にその対象商品が届く場合もあれば、

外に出向いて、とある会場で行われる場合があります。

こういうのを、座談会や、会場調査と言います。自宅でのサンプルモニターよりも報酬が高い傾向にあります。

 

応募方法は、サンプルモニターのバイトを扱っている専門のサイトがあるので、

そこで、参加したいものを選択するというのが主流となります。

応募人数と試供品名が書いてあるので、気になるものに応募しましょう。

 

先着順のものの場合はその時点で当選です。抽選のものの場合は抽選で選ばれれば当選です。

新しい案件が入って来るたびに自分にメールが送信されるように設定をしておけば、

すばやく対応することができます。

まだ発売されていない商品を無料で使えて、

さらにはお金までもらえるという事で、主婦をはじめとして、人気の副業となっています。
 

試供品(サンプル)モニターのメリットとは?

・報酬単価が高めである

試供品モニターのメリットとしては、報酬が極めて高いということがあります。

特に、会場に出向く座談会や会場調査では報酬が高く、

時給換算で1000円~1500円にもなります。

対して、在宅での試供品モニターの場合は、報酬はそんなに高くないです。

 

企業によっては、報酬がその試供品のみという場合もあり、

高い収入は期待できません。むしろ、他のアンケートモニターなどよりも報酬は低いです。

なので、試供品モニターである程度のお金を稼ごうとするには、

座談会や会場調査といった外に出向いての試供品モニターに参加する必要があります。

 

・在宅ですることができる

試供品モニターは在宅のものだけを選べば在宅ですることができます。

ただし、在宅でする場合はヘう集はそこまで望めませんので、

新商品を楽しく試すくらいの気持ちでの参加という感じになるでしょう。

 

・新商品をいち早く試すことができる

これがメリットとしては大きいと思います。試供品モニターでは、

まだ市場に出回っていない商品を試すことができますし、

少なからず自分の意見によって、世に出回る商品が決まるということを考えれば、

非常にわくわくすることになるのではないでしょうか。

 

試供品が食べ物の場合であると、食費の節約にもなりますので、

節約目的でモニターに応募をしているという人も多くいます。
 

試供品(サンプル)モニターのデメリットとは?

・人数に制限がある

試供品モニターには各案件で人数制限があります。

それは大抵先着順で決まっていきますので、極めて早く埋まってしまいます。

特に座談会や会場調査といった、報酬が高いものは、早く埋まる傾向が強いので、

逐一、新案件がないかどうかをチェックしておく必要があります。

 

そして、座談会や会場調査の場合は先着順にプラスして、

抽選で参加者が決められるので、早く応募したからといって、参加できるとは限りません。

なので、在宅での試供品モニターよりもさらに狭き門ということになります。

 

・安定した収入にはならない

座談会や会場調査に参加すると、

通常アルバイト以上の時給を獲得する事ができるのですが、

案件の数には制限がありますし、それも先着順であるために、

必ず参加できるというわけではありません。

 

なので、試供品モニターは安定した収入を得ようという方にとっては不向きです。

「ちょっとお小遣い稼ぎができればいいや、新商品も試せるし、抽選で外れたら、

別に次もう一回応募してみればいいや」というくらいの感覚でやるようなものであると思います。

 

・試供品(サンプル)モニターの注意点

特になし

 

ブックメーカー画像