一人で一日に使う水の量は、約240ℓと言われています。

内訳はトイレが28%、お風呂やシャワーが24%、炊事が23%、

洗濯が17%、その他が80%だと言われています。

日々少し気をつけるだけで、水道代を節約することは可能です。

N879_tairunotearaiba_TP_V

・水道代を減らす簡単な方法

1.汚れた食器やなべは、厚紙やぼろ布などで汚れを落としてから洗うと、水が節約できます。

2.お風呂の残り湯は、植物などの水やりや靴洗いに再利用しましょう。

3.シャワーや蛇口からお湯を出すときに、

設定温度になるまで出しっぱなしにせずその水をためて使いましょう。

4.シャワーヘッドを手元で操作できるヘッドに替えると、

水量を2~3割程節水できます。

5.洗顔や歯磨き時に水を出しっぱなしにせず、こまめに蛇口をしめましょう。

6.水道の水の勢いを抑えるだけで、節水ができます。

7.食器洗いの時間を短縮するために、泡切れの良い洗剤を使ったり、

ぼろ布で汚れをふき取ってから洗うようにしましょう。

8.トイレで使用する水の量は、生活用水の3割と言われています。

洗浄レバーは大と小を使い分けるようにしましょう。

9.鍋などの汚れがひどい場合はお湯をはってしばらくつけておくと、

少ない水で汚れを落とすことができます。

10.洗濯は少ない量をまめに洗うより、

あまり汚れていない場合は次の日にまとめて洗うだけで水道代の節約になります。

また、スピードコースにするだけでも洗濯時間が短くなり、水道代の節約になります。

 

トイレの進化は目覚ましく、1回の洗浄で約13ℓ使用していた水が

節水トイレでは6ℓまで減っているそうです。

2人家族で1日に15回トイレを流すと、金額にして年間に9,000円ほど節約することができます。

 

・水のリサイクルについて

お風呂の水は、ベランダや玄関、トイレなどの掃除用に使ったり、

うどんやそうめんなどのゆで汁は、茶わんなどの下洗いに使います。

また、野菜のゆで汁や米のとぎ汁は植物の水やりに使います。

また、米のとぎ汁は洗顔に使うと美肌効果があります。

 

雨の日にバケツに水をためておくと、外回りやベランダの掃除、植物の水やりなどに使えますが、

戸建ての場合は雨水タンクを設置しておくと便利です。

雨どいから集めた水を溜めるタンクは、家庭菜園の水やりなどに便利なだけでなく、

万が一の時のための防災対策としての効果もあります。

自治体によっては補助金がつく場合もあるようなので、購入する際は調べてみましょう。

AME_843.bikei_TP_V

水道代の約3割がトイレに使用する水だと知ると、

「何気なく二度流しすることは控えなければ」と思います。

また、トイレ掃除をするときも、「お風呂の残り水で洗うようにしょう」などと思ってしまいます。

節約はまず気づくことから始まると言えます。

小さなことも継続することで、年間にすると大きな節約になります。

 

ブックメーカー画像