驚きの情報でした。人気報道番組で「とくダネ」「」で活躍し更に

その美声を活かした声優活動と人気のあったショーンKさんが実は全くの偽物だったのです。

現在47歳とは見えないハーフっぽい顔とテンプル大学卒業後MBAなどの

資格を獲得したというインテリジェンスはキャスターとしての能力を如何なく発揮しました。

しかしそれが全て違ったと聞けば驚きだけでしょう。

ここからどのような事が分かるのでしょうか?

 

全てが作り事だったショーンK

前述のように華麗な経歴は全て作ったものでした。

まずショーンKマクドールという名前がまず嘘だったのです。

本名は川上伸一郎です。さらにテンプル大学などについても

全くの嘘で彼がバックボーンにしていた海外のコンサル事業も全て嘘でした。

 

そしてもう1つ彼の顔も作った物でした。

そしてその事に付きショーン氏は謝罪後雲隠れして全ての番組の降板を余儀なくされました。

ハーフ設定だったのですがこてこての日本人という事も驚きでしたが・・・。

 

ではこれを一般ビジネスに置き換えながら流れを追っていくと、

なぜ分からなかったのでしょうかという疑問が出てきますが、

これは雑誌「文春」のスクープでした。

 

疑わしい事実(経歴詐称)をライバル会社・第三者(文春)が事実を突きつけたという流れです。

しかしチェックはなかったという事はよっぽど信用していたのでしょう。一般的には面接というものがあります。

その後採用する場合は違った形での調査が合ったり、もっと凄い所は探偵などを雇うという事もあります。

メジャーにならなければこんな騒動も起きなかったのでしょう。

有名なろうとして有名になったらこんな騒動になってしまうとは皮肉です。

 

今回の騒動で学んだ事分かった事

今回の件で感心してはいけないのですが、感心する事があります。

ショーン氏のキャスターぶりは完璧だったという事と

出生を分からなくするほど完璧に役にはまっていたという事です。プロを騙したのですから完璧だったのです。

 

ここで不謹慎ながら彼のプレゼン能力には脱帽してしまいます。

彼はこの役をする為にかなり勉強したそうです。

講演を行っていた事を考えると並大抵の努力ではなかったはずです。

ビジネス上でプレゼンをする機会がありますがここまで完璧には出来ないのではと思えます。

嘘を真実に近づける為にここまで努力を惜しまないのは学生時代からだったそうですが。

 

まとめとして

ショーン氏がやった事は許される事ではないのですが、

不謹慎ながら彼には学歴を吹き飛ばす程の実力があったと思われます。

 

実力主義と言われながらも実は学歴(肩書)が重要という事が分かったとも言えます。

どこを間違えたのかと言われると一概には言えないのですが、

エンターティメント系の報道番組だったら良かったのではとか思ってしまいます。

 

一流企業では通用しなくても少しランクを下げて

中堅で事実を話しやってみると良かったのかもしれません。

聞けばお笑い好きでもあるようですので好感度は

そこまで下がってないのでお笑いエンターティメントとかいいのでは。

 

やはり真実を話し迷惑をかけた人に許してもらい

再度復帰するのが彼にはいいかもしれません。せっかくの逸材なのですから。

 

ブックメーカー画像