輸入ビジネスとは?

輸入ビジネスとは海外から商品を安く仕入れて日本で高く売るというビジネスです。

主には海外のAmazonやネットショップ、

海外のオークションサイト(イーベイ)などから商品を仕入れて、

日本のAmazonやヤフオクで売るという形になります。

これはアメリカからの輸入ですが、

他に輸入ビジネスで主流とされているのが、中国輸入ビジネスです。

 

中国輸入ビジネスでは、商品を中国のネットショップ(タオバオ)から仕入れます。

ネットで仕入れる以外にも、現地で仕入れるという方法があります。

この方法の場合、自分で仕入れに行くのでもいいですし、現地の人を雇って、仕入れを代行してもらうというのも有りです。

上手く独占販売の契約が取れれば、安定して稼ぐことができます。

 

輸入ビジネスのメリットとは?

・外国語ができなくても可能

輸入ビジネスは外国語がいるのではないかと思われるかもしれませんが、

実際の所、外国語はそんなに必要ではないです。

Googleの自動翻訳機能を使えば、普通に読み取ることができますし、

商品を購入することさえできればいいので、そこまで外国語のスキルは不要です。

 

・報酬が発生するのが早い

これは物販の全般に言えることですが、報酬が発生するのが早いです。

なぜなら、商品が売れれば、その時点で報酬になるからです。

商品が売れるか売れないかも、事前にツールを使えばわかります。

「モノレート」というツールがあって、それに商品名を入力すると、

Amazonで月に何個売れているのかが分かるので、その通りに仕入れれば、ほぼ確実に売れるわけです。

 

なので、初報酬が発生するまでが非常に早いです。

アフィリエイトだと、まずブログやサイトを育てないといけない、

自分への信頼度を上げないといけないので、なかなか初報酬が発生するまでに時間がかかります。

初期費用が多少かかってもいいから、

早めに稼ぎたいという方は輸入ビジネスなどの物販業をやるのがいいでしょう。

 

輸入ビジネス2

輸入ビジネスのデメリットとは?

・商品リサーチに時間がかかる

輸入ビジネスに限らず、物販の全般に言えることですが、商品のリサーチが命です。

売れる商品であり、かつ利益が取れる商品を選んで仕入れをします。

後は仕入れさえすれば、その使用品が売れることは分かっているため、利益が確定します。

なので、リサーチが全てなのです。ですが、このリサーチが非常に面倒な作業のです。

 

一つずつ商品を検索にかけて、日本のネットショップの価格差を見るという繰り返しです。

そして、実際に利益が出る商品はほとんど見つかりません。

なので、リサーチが大嫌いで、物販を止めてしまうという人がとても多いです。

 

・初期費用がかかる

これは物販をする上で商品を仕入れないといけないので、

そのための資金が必要になります。

 

・商品が不良品や破損している場合もある

特に中国からの商品に多いですが、

商品が不良品であったり、破損していたりする事があります。

他に飛行機で運ばれて来る間に破損してしまったという可能性もあります。

 

・手数料や送料が国内輸入より高くかかる

これは当然のことで、海外から輸入する分、

それだけ送料も手数料も高くかかります。それらが高くなると、つまりは利益が低くなります。

なので、手数料や送料分も踏まえた利益の撮れる商品を見つけないといけないので、

より商品リサーチが困難となります。

 

輸入ビジネスの注意点

・ブランドものは偽物の可能性があるので注意

輸入ビジネスにおいて、ブランド品を扱う場合は注意が必要です。

輸入ビジネスでブランド品を扱う代表例が「バイマ」ですね。

特に中国からブランド品は仕入れない方がいいです。

中国で販売されているブランド品は偽物が非常に多いので、

ブランド品を仕入れる場合は中国は除きましょう。

 

「輸入ビジネス」おすすめ教材

新規開拓型輸入ビジネス手法

・PDF 440ページ以上 動画 85分以上

・商品リスト

 

購入特典の詳細はこちら

 

ブックメーカー画像