情報起業とは?

情報起業とは、自分で情報商材を作成し、それを販売して収益を得るというビジネスです。

情報商材とは、「~で稼ぐ方法」や「恋人を作る方法」、

「小顔になる方法」といった情報をPDFやワードに書いたものです。

 

その情報を知りたい人が購入します。一見すると市販の本とあまり違いがないように思えるかもしれませんが、

情報商材の相場価格は高く、一本辺り一万円くらいで売ることができます。

なので、人気のある情報商材を作ることができれば大きく稼ぐことが可能となります。

 

情報起業のメリットとは?

・初期費用がかからない

情報起業のメリットとしては、初期費用がかからない事です。

ワードなどの商品データを作成するためのものと、

後は売るための情報,知識がありさえすれば情報商材は作ることができます。

 

・経費がかからない

経費がかからないというのもメリットです。通常、書籍を販売するとなると、

人件費や出版会社に対する報酬などの経費が掛かりますし、

売れない場合は在庫を抱えるリスクもあります。

しかし、情報販売であると、データなので、在庫を抱えるという事がなく、

データをメールなどで送るだけなので、人件費がかからずに個人で行う事が可能です。

 

・利益率が高い

情報販売は利益率が高いというのが、最大のメリットとなるでしょう。

情報販売は経費がかからないので、売れた場合はほぼ100%が利益となります。

さらに、単価価格の相場がとても高いです。

 

通常の市販されている書籍の価格の相場は1000円~2000円くらいだと思います。

しかし、情報商材の価格相場は1万円~2万円となっています。

単価報酬がものすごく高く、経費がかからないというのがメリットであると言えます。

情報起業のデメリットとは?

・売れる情報を持っていないといけない

情報起業は売れる情報や知識を持っていないとはじめることができません。

なぜなら、それらを持っていないと情報商材が作れないからです。

情報起業は情報商材がありきで成り立つビジネスですから、

それを無くしてビジネスをはじめることはできません。

 

・最初は集客するのに苦労する

最初はなかなか思うようには売れないです。

最近の情報商材には詐欺的な内容のものも多いですし、

情報商材は毎日ぞくぞくと新規販売されています。

自分の情報商材が詐欺では無いということを伝え、

さらに、他の情報商材に勝る情報でないとなかなか売る事は難しいでしょう。

 

自分の商材が人気が出て、評判がよくなると、

あとはアフィリエイターやネットの口コミで広まっていくので、楽になるでしょう。

 

情報起業の注意点

・健全な情報販売をする

最近は情報商材の中身よりも見た目でインパクトを持たせて売るというものが増えてきました。

ようするに、誇大広告というものです。

販売ページに「再現性100%」「誰でも稼げる」「初日で何百万稼げる」と謳い、

購入させるが、実際には稼げないものだった。

 

販売ページに書いているのとは全くかけ離れている情報だったというものが多いです。

いわゆる詐欺商材というものですね。

確かに、魅力的な偽の謳い文句をつけると売れる確率は高くなります。

しかし、それは詐欺行為ですので、やってはならないことです。

情報起業をする際はこういう違法行為をすることなく健全に行わなくてはいけないです。
ブックメーカー画像